秋夜雨草紙

「ハヤテのごとく!」のヒナギクさんにゴスロリを着せるのをがんばるブログ

宇宙について 

益体もない話しを一つ。
ネタがないだけですが、暇潰しにお付き合いください。

まず始めに現在宇宙というのが光の速さで膨張しているという話しは知っているで
しょうか。イメージとしては風船のゴムの部分が光速の速さで膨らんでいるという
感じだと思います。この宇宙の膨張というのが永遠に続くのかというと、いくつか
のパターンに分かれます。

1つめはある程度膨らんで限界が来て萎む状態。
2つめはある程度膨らんで限界が来て丁度釣り合う状態。
3つめは永遠に膨らみつづける状態。

この3つを分ける要素は風船(宇宙)の中にある質量に依存します。
膨張する力より内部の質量が重い場合1つめの状態になります。釣り合えば2に軽け
れば3の状態になります。

宇宙にはまだ分からないことが沢山あるので、ある程度仮定を含んだ計算だと思わ
れますのでこの計算が覆される可能性はあると思いますが、結論としては私達のこ
の宇宙は3の状態になるという話しです。


これを踏まえて私の妄想に付き合って欲しいw

遠くない将来、人間達は宇宙空間にも住むようななると思います。(私が生きてい
る間にそうなるとは思いませんが、その100年200年後くらいにはたぶん)
科学は格段に進歩するでしょう。その時、仮に無から有を創る技術が見つかったら、
人はその技術を大いに活用するでしょう。その技術を用いて大いに繁栄するでしょう。
しかしある時宇宙が萎んでいることに気づくのです。無から有を創り続けた結果、
宇宙の膨張する力を超えて宇宙が萎む状態になってしまうのです。そして、宇宙と
共に人は滅ぶ。

というような妄想を思いついた俺はもうダメだろうか。
「おぃおぃ、そんな状態になるのに何十億年かかるねん」とかいう類のツッコミや
学術的なツッコミも無視、妄想ですから。


最後まで与太話に付き合ってくださった皆様、ありがとうございました。
しかし、こんな妄想をするのもたぶん星界を読んだからだな。
単純すぎるぞ、俺。
スポンサーサイト
[ 2006/05/08 22:39 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

yosame

  • Author:yosame
  • 株日記と化しているプロフィール。

    2011年7月31日現在、コナミを一単位のみ。
    買値は1,800円ちょい。
    2,300円くらいまでいってくれるといいけど、厳しいかな~。


    好みのゲームジャンル:SLG、RPG、STG

    リンクはどこにして頂いてもOK。
    トラックバックも歓迎です。
    でもスパムや広告等のトラックバックは削除します。

    メールアドレス:
    aki.yosame○gmail.com
    ○を@に直して下さい
過去ログ