秋夜雨草紙

「ハヤテのごとく!」のヒナギクさんにゴスロリを着せるのをがんばるブログ

いじめについて 

いじめによる自殺がばんばん報道されるようになりました。
以前にもこの話題でエントリをしました
で、今日は的外れな発言をしている人を見つけたので反論してみる。


発言しているのは埼玉県知事。
知事『死ぬ勇気あれば戦えばいい』

「死んではならない」には同意しますが、「死ぬ勇気あれば戦えばいい」というのにはまったく賛成できません。

自殺する子供達は死ぬことに対してまったく勇気を使っていません。子供達が死に向かう理由は現実の脅威に対する逃避です。いじめに対して過度のストレスが溜まり、自分自身ではどうしようもない状態に陥った時。この時誰かに相談できれば良いのですが、出来ない子達は死に対して開放されるという感情を受けるのではないかと思います。

ですので埼玉県知事の「死ぬ勇気あれば戦えばいい」というのは全くの的外れだと思います。

また、具体的な策を作れる知事という立場にありながらいじめに対する方策を全く語っていないというのは非情に無責任だと感じます。



いじめ関連で、報道についての意見。
Meine Sache ~マイネ・ザッヘ~: メディアは責任を取るべきだ

いじめ報道の為に今の子供達の自殺が増えているということに対して、メディアは責任を取るべきだという話です。

確かにいじめによって精神的に袋小路に追い詰められた子供達が自殺報道を見たとしたら、死に手を伸ばすのではないかと思います。なにせメディアは解決手段を何一つ提示しないのですから。

この「Meine Sache ~マイネ・ザッヘ~」さんのエントリのコメント欄で「WHOや外国のメディアでは群発自殺を避けるために自殺報道のガイドラインがある」というのを初めて知りました。

そのガイドラインはこちらです。
自殺対策支援センターライフリンク 自殺報道のあり方について

以下上記リンクより抜粋

「自殺を予防する自殺事例報道のあり方について」のWHO勧告(2000年)

1)やるべきこと
・自殺の代わり(alternative)を強調する。
・ヘルプラインや地域の支援機関を紹介する。
・自殺が未遂に終わった場合の身体的ダメージ(脳障害、麻痺等)について記述する。

2)避けるべきこと
・写真や遺書を公表しない。
・使用された自殺手段の詳細を報道しない。
・自殺の理由を単純化して報道しない。
・自殺の美化やセンセーショナルな報道を避ける。
・宗教的、文化的固定観念を用いて報道しない。

○日本における自殺報道の現状
・個々の自殺の手段を詳細に報じる傾向
 例:X-Japanヒデ氏の自殺報道、ネット自殺報道、練炭自殺についての報道
→新しい自殺手段が入手可能であることを大々的に宣伝してないか?
→模倣自殺(ウェルテル効果)
・自殺を考慮中の人が読者に多数いることを前提とした報道がなされていない。
→そのような人々をサポートするメッセージ等がセットで紹介されていない。
   (例:相談機関連絡先)


以上抜粋終わり。

日本のマスコミは私が知る限りこの「やるべきこと」、「避けるべきこと」を何一つ守れてませんね。訳知り顔で「痛ましい事件です」、「酷い事件です」等とコメンテーターが発言して事件の詳細を述べる報道ばかりだと思います。これではメディアは責任を取るべきだといわれても仕方がないと思います。


さて、メディアは反省しますでしょうか?
しないんだろうな~。




なんか途中文章がめちゃくちゃになってる所があるかもしれません。理由は誤操作で2回も消してしまい、これが3回目の書き直しだから・゚・(つД`)・゚・。
広い心、もしくはアジア的やさしさを持って読んで下さい。
スポンサーサイト
[ 2006/11/15 23:44 ] 時事・政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

yosame

  • Author:yosame
  • 株日記と化しているプロフィール。

    2011年7月31日現在、コナミを一単位のみ。
    買値は1,800円ちょい。
    2,300円くらいまでいってくれるといいけど、厳しいかな~。


    好みのゲームジャンル:SLG、RPG、STG

    リンクはどこにして頂いてもOK。
    トラックバックも歓迎です。
    でもスパムや広告等のトラックバックは削除します。

    メールアドレス:
    aki.yosame○gmail.com
    ○を@に直して下さい
過去ログ